女子スクラッチの古山稀絵は23人中22位と完敗。普段は2人一組のマディソンでの出場が多いだけに「1人で戦うことがなかったので、トップレベルの強さを感じた」と力の差を受け止めた。

集団の前方に付けて逃げる作戦だったが、「スピードもパワーもなかった」。改めて位置取りの重要性を感じ「東京オリンピック(五輪)の先もある。上を目指すために必要なことが分かってきた」と収穫を語った。(共同)