21歳で初参加のタデイ・ポガチャル(スロベニア=UAEチームエミレーツ)が総合初優勝を果たした。スロベニア勢でも初。

19日の第20ステージの山岳タイムトライアルで第9ステージから総合首位に立っていたプリモシュ・ログリッチ(スロベニア=ユンボ・ビスマ)に圧勝して2位から逆転。最終ステージもトップと同タイムのメイン集団でゴールして栄冠を手にした。2位はログリッチでスロベニアのワンツーフィニッシュとなった。3位はリッチー・ポート(オーストラリア=トレック・セガフレード)。

ポガチャルは山岳賞と新人賞も獲得した。ポイント賞は最終ステージのスプリント勝負を制し区間2勝目を挙げたサム・ベネット(アイルランド=ドゥクーニンク・クイックステップ)。