どーもです。千葉・浜野ゴルフクラブのラウンドレポート後編をお届けします。前半は9オーバー「45」と、浜野ではいつもと変わらず。でも、ボク的には、ショットは決して悪くない感じでしたが、パターが最悪。5番ショートで1オン4パットから壊れた感じかな。それでもこの時季なので、「熱中症にならず完走できれば御の字」などと口では言っていましたが、内心は「なんとか90切りたい!」でした。でも、そうはいかないのもゴルフ!! 後半もお付き合い下さい。


この日のランチはつけ麺を選択。

コロナの影響からプレー前週までレストランがクローズで、お弁当だったようです。ちょうどプレーした週からレストランも再開となったようです。以前もつけ麺をいただきましたが、麺がモチモチシコシコでまいう~です!! つけ汁もまずまずですが、記憶が確かであれば以前はカボスを搾っていたのですが、レモンに変更されていました。


10番は402yパー4

風はアゲ。DIRETTOティーショットはド引っ掛けで左のバンカーよりも左のラフ。

かなりラフにスッポリでした。残り185y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上は目測距離)ですが、絶対に無理なのでPWでまずは脱出。これはまずまずで、無事FW復帰。残り85y52度ショットも引っ掛けでグリーン左ラフ。行ってみると、すっぽり埋もれていて、しかも逆目。相性の悪いメンバーさん曰く「浜野のグリーン周りはほぼ逆目。これが難しいんです」って。残り18y58度は逆目のラフに負けた上に、カラーで止まってしまいました。残り9yパター寄せはピン手前2y。2パットで素トリ。


ん~、浜野には何度もきていますが、夏ラフの怖さ、厳しさを改めて体験するのでした。


11番は418yパー4

風は右から左で、池越えの右ドッグレッグ。DIRETTOティーショットは、ちょっと力んでしまいフック。力む必要がないことは、頭では分かっているのですが…

左ラフから残り165y#6ショットでしたが、インパクト前に右足に違和感。何かに触られたような感じでしたが、スイングを止められませんでした。結果、カス当たりでショート。あれは一体何だったんだ!? 残り70y52度寄せはピン右2yとまずまず。でも、これを沈められず、2パットでボギー。


12番は571yパー5

風はアゲで、左ドッグレッグ。DIRETTOティーショットはいい感じでしたが、右ラフ。

残り369yは距離稼ぎでX HOT 3Wを選択。現在日刊スポーツで連載中の「ちゃんもも先生 目指せ『90』」の取材で大里桃子プロが「なんでアマチュアの方はFWを使わないのかな? ロングのセカンドはアイアン刻むより、FWを使ったほうが、仮にミスをしても距離は稼げるのに」と言っていたのを思い出しての挑戦でした。しかもこれがまた、めっちゃナイスショット!! ちゃんもも先生、ありがと~う!!(笑) FWから残り111y48度ショットはピン奥7y。なんとか2パットでパーセーブ。


13番は163yパー3

風は右から左。#7ティーショットはまずまずの当たりで、ピン右12yにオン。2パットでパーセーブ。


14番は400yパー4

風はアゲ。ここはいつも左に引っ掛けてしまうホールで、ボクにとっては鬼門です。この日もDIRETTOティーショットはやや左に打ち出してしまいましたが、曲がりは少なく、なんとか1stカット。

残り145y#8ショットは当たりが薄くショートで、グリーン左手前のバンカー。ピンまで20y58度バンカーショットは厚く入ってしまい出ただけ。ピンまで5yパター寄せはピンに絡んで、1パットのボギー。


15番は424yパー4

風はフォロー。DIRETTOティーショットはいい感じの当たりでしたが、右ラフ。

残り160y#7ショットはつま先上がり。フェースを返さないように意識したけど、全然関係ない右肩が下がってしまいダフるミスで右ラフ。残り80y52度ショットは、全く気にしていなかった手前の木の枝に当たってしまいショートで、グリーン手前のヘビーラフ。残り38y58度寄せはラフに負けてフェースが開いてしまいハーフシャンク。残り12y52度寄せでやっと乗りました。ピンまで

3yは2パットで素トリの「7」。


また、また、やっちまいました…(涙)


16番は354yパー4

左サイドにクリークが絡むシグネーチャーホールで、風はアゲ。相性の悪いメンバーさんから「Bグリーンは200yほどのFWがベスポジ」とことだったので、ティーショットはX HOT 3W。これは曲がることも見越して右への打ち出しを意識したショットでしたが、想定通りに曲がって(笑)FWキープ。

残り125yPWショットはハーフトップだってけど、ピン右奥3yでした。これ、ラッキー!!!! 2パットでパーセーブ。


17番は182yパー3

キャディーさん曰く「170yで打ち下ろしは3yほど」で、風はフォロー。#6ティーショットはプッシュアウト。「右はOBが近いので暫定球をお願いします」とキャデイーさん。打ち直しは力まないように#5でしたが、今度はショートでグリーン右のバンカー。結局1球目はどこにもなく、暫定球で進行。残り12y58度バンカーショットは砂が表面だけでバンスを弾かれてのグリーンオーバー。奥のラフは左足下がりで残り13y。52度寄せはダフってカラー。ピンまで9yパター寄せはピンに絡んで1パットでしたが、「7」だって!! ショートホールの数字じゃないよね…


18番は530yパー5

風はアゲで、右ドッグレッグ。DIRETTOティーショトは右バンカーの左狙いでしたが、結果は右バンカーの上。キャディーさんからまたもや「暫定球をお願いします」って。トホホ…。暫定球は無事FWでした。でも、行ってみると1球目がバンカー先のラフにありました!!

残り229yですが、右ラフから右グリーンは狙えませんでした。これはティーショットの狙いどころのミスですね。結局池まで170yなので、#8で150yの刻み。結果は無事FW。ピンまで75y52度ショットはショートでグリーン右手前のラフ。このラフも逆目で沈んでいました。52度寄せはピンを3yオーバー。2パットでボギー。


後半いろいろやらかして、13オーバー「49」で16パット。後半3&4パットはしなかったけど、その代わりと言ってはなんですが、いろいろやらかしましたわ~。なかなかうまくいかないもんですね(涙)。結局「94」の36パットは、またもや浜野GCのバックで90を切れず。いつもと変わらないスコアでした。


そして、このラウンドレポを書いている時点、この後がネタ切れ状態です。新作クラブのオファーもしていますが、この時点では返答がありません。というわけで、またもやネタ切れになりそうです。全力で仕込みますが、本業も1人体制となりドタバタ状態です。次回は試打でき次第のアップになりますが、どうかお許し下さい!!