どーもです。今日はキャロウェイの数量限定販売ニューモデル「APEX PRO」シリーズの「APEX CB」アイアンを紹介しましょう。個人的には、ちょっとおかしな現象が発生したモデルとなりました。昨日3モデルのポジショニングを扱いやすさの順で「APEX PRO」>「APEX CB」>「APEX MB」と想像しました。でも、実際打ってみると…!? さて、一体何が起こったのか? 早速行ってみましょう。


まずは見た目から。


構造的には1ピースの軟鉄鍛造。バックフェースにはタングステンウエート装着で、番手別に最適スピン量や上がりやすさを実現すべく位置を変えた別のタングステンウエートも装着しているようです。

フェースはコンパクト。形状的には「APEX PRO」アイアンとほぼ同じように見えました。

ソール幅はフェースの大きさに対して適当。リーディング&トレーリングエッジが設定されているので、「APEX PRO」アイアンよりも抜けの良さを意識しているような印象でした。

ネックはストレート。ボディもよりスマート!!

構えてみるとこんな感じ。「APEX PRO」アイアンとほぼ同じような形状なのに、トップブレードが薄いだけで、印象がガラッと変わりますよね。正直「あれ? これボクで打てるかな?」が第一印象でした。

今回試打したのはスチールシャフト「ダイナミックゴールドMID115」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角34度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量433g、バランスD2。シャフトスペックは、重量116g、トルク未発表、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピーボール使用。


持ってみた感覚ですが、重量的にはちょうどいい感じ。グリップの太さも「APEX PRO」アイアン同様で、太め好きなボクにはいい感じだけど、そうではない人にはちょっと太めかもしれません。ワッグルしてみると、ぶっちゃけ感覚的には「APEX PRO」アイアンと変わらないと思いますが、見た目の影響か、振れ幅が少ないような印象を持ってしましました。素振りしてみても、シャープに振れそうだけど、なんかシビアそうなイメージが先行してしまいました。


実際に打ってみると、やっぱり、見た目の印象通りシビアでした。ぶっちゃけ「ん? シビア過ぎない?」とった感じ。ボールはそれなりに上がりますが、いろんな寛容性は先代「APEX PRO」アイアンのような印象でした。より寛容性が高くなったと感じた新作「APEX PRO」アイアンを打った後の試打という点を差し引いても、シビアな印象でした。まずは飛距離ですが、ロフト34度なので3球平均162yはまあロフト通りのイメージですが、新作「APEX PRO」アイアンがロフト33度で168yをマークしていたので、イメージとしては「飛ばない」となってしまいましたが、冷静に考えればおそらく「飛びすぎない」アイアンを意識しているのかなって思いますけど。ブレードアイアン系のフォルムなので、ある意味見た目の想像通りではあるのですが、明日紹介する「APEX MB」アイアンを打ってみると、さらに「えっ? マジ?」となったのでした。その詳細は明日レポします!!


スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら


【3球平均】

HS37.4m/s、初速47.7m/s、打ち出し角19.5度、バックスピン量5685.8rpm、サイドスピン-674.1rpm、飛距離162.3y

【ベスト】

HS37.3m/s、初速47.6m/s、打ち出し角19.6度、バックスピン量5365.7rpm、サイドスピン-693.7rpm、飛距離162.9y


打感はやや弾き感強めのソリッド系。これ、意外でした。中空構造の「APEX PRO」アイアンがマイルドで、1ピース軟鉄鍛造の「APEX CB」アイアンがソリッド系は正直想像していませんでした。音は中高音系。


弾道はこんな感じで


そのスカイトラックデータはこちら


弾道的には高弾道。ある程度ダウンブローに打ち込める技術は求められそうにも感じました。いわゆる払い打ち系だと上がり切らないかも? ボクがダウンブローに打てているかは定かではないですが、スピン量は気持ち多めにも感じたけど、決して吹け上がりではなく、おそらくダウンブローに打てていたのではといった感じ。なお、新作「APEX PRO」アイアンよりも約700rpm多めで、先代「APEX PRO」アイアンよりはなんと約1600rpmも多くなっていました。先代とは同時試打ではないのであくまでも参考記録ですけど…


出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。でも操作性が高く、ボクレベルでも意識的に打ち分けができました。その代わりと言っては何ですが、意図しないスイングのミスがキッチリ出球に反映するシビアさもありました。


シャフトフィーリングと振り感ですが、シャフトの感覚は「APEX PRO」アイアンで感じたのとほぼ同じですが、ややしなり感が少なめにも感じました。いずれにせよ、シャープに振れることに間違いないです。


今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s以上にオススメ。これはある程度ダウンブローに打てる技術が必要そうなモデルの印象で、おそらく払い打ち系ではボールが上がり切らない印象でした。また、あらゆる面でシビアさがあるので、いわゆる上級者向けの印象ですね。「スイングのミス=出球のミス」となるアイアンだと思います。イメージ的には先代「APEX PRO」アイアンと似ているので、先代を使っていた方ならこの「APEX CB」アイアンにモデルチェンジしてもいいかもしれません。

<キャロウェイ「APEX CB」アイアン>

■KAZ'sインプレッション(10点満点)

▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:9.5▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:7.5

■ヘッド:軟鉄+ウレタン・マイクロスフィア+タングステンインナーウエート+タングステンウエート

■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「ダイナミックゴールドMID115」(S200=116g/未発表/中調子)

■価格:6本(#5~PW)セット19万1400円、単品(#4)3万1900円 ※税込み