どーもです。今日から紹介するのは、テーラーメイドの新製品「Qi10」シリーズのFWです。FWも3モデルをラインアップしていますが、「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10ツアー」となります。ドライバーでは「Qi10 LS」ですが、FWとレスキューは「Qi10ツアー」の名称になっていました。早速ですが、フラグシップモデルと思われる「Qi10 MAX」FWからいってみましょう。


まずは見た目から。


「Qi10 MAX」ドライバーはかなり意図的に、ネック側にボリュームを寄せていたような印象ですが、FWは極一般的なイメージ。

フェースはセミディープっぽいけどシャローかな。素材はステンレススチールですが、カーボン投入もそう遠くはないような気がしています。

ボディはシャロー。やや後部に長めにも見えるので、深重心は意識していると思います。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめ。形状的には丸型で、「Qi10 MAX」ドライバーがそのまま小さくなった感じでした。

なお、3モデル比較はこんな感じ。左から「Qi10 MAX」「Qi10」「Qi10ツアー」です。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana BLUE TM50」Sフレックス装着モデルの#3。スペックは、ロフト角16度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量315g、バランスD2。ヘッド体積200cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.3、中調子。


試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。


持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様Sフレックスにしては軟らかめで、しなりポイントはほぼ真ん中。ワッグルしてみると、ドライバーでは右手グリップ先あたりの軟らかさがありましたが、FWでは気になるほどではなかったですね。しなりポイントからヘッドが動く感じで、その振れ幅はやや大きめ。素振りしてみると、ドライバーよりはシャープに振れそうな感じでした。


実際に打ってみると、FWも、とにかくボールがめっちゃ上がります。もう上げようという意識は1mmも不必要なくらいの上がりやすさ。試しに直打ちもチャレンジしてみると、FWが苦手なボクでもガッツリ上がりました。そして、ドライバーとの違いで感じたのが「つかまり」。ドライバーは生粋のフッカーのボクがフェード系連発でしたが、FWはドロー系。いわゆるオートマチック系のイメージですが、正直な感想は「Qi10 MAXドライバーは別モノと思った方がいいかもしれない」でした。少なくともFWは、オートマチックにつかまるイメージでした。そして、これはシャフトの影響だと思いますが、良いスイングでインパクトはできれば、1発目のような弾道も出るけど、ちょっとこするとスピンが増えて、距離をロスしているようなイメージもありました。


スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら

【3球平均】

HS42.3m/s、初速58.7m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量3035.4rpm、サイドスピン-603.2rpm、飛距離230.1y

【ベスト】

HS42.2m/s、初速58.6m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量2698.0rpm、サイドスピン-467.1rpm、飛距離234.1y


打感はソリッド系。ボールのつぶれ感と弾き感がちょうど半々で、打ち抜き感がいいですね。音は中高音系。


弾道はこんな感じで


そのスカイトラックでデータはこちら


弾道的には文句なしの高弾道。前述通り、これで上がらなければオススメするクラブがないんじゃないかってくらいの上がりやすさでした。ただし、スピン量は総じて多め。これはシャフトとの相性もあると思いますが、ボクの場合、かなり理想的な感じでいかないと、動画のような弾道は出ませんでした。


出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。繰り返しになりますが、オートマチックにつかまる感じ。ボクの場合、シリーズでそろえようとすると、ドライバーはフェード系、FWはドロー系になってしまいますね。


シャフトフィーリングと振り感ですが、これは正直ドライバーよりも好印象でした。ドライバーで感じた右手グリップ先あたりの緩さを感じないデメリットとしては、ボクの場合、切り返しで力んでしまうことがありそうですが、それよりも気持ち良く振り抜けそうなイメージが好感触でした。


今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/sあたりにオススメかな。スイングタイプ的にはいわゆるスインガータイプ向けで、持ち球はフェードおよびスライサー向けだと思います。ボク的には「STEALTH2 HD」の方がシャフトとの相性含め合っているような気がしますが、そもそもターゲットが違うのかな? いずれにせよ、「Qi10 MAX」FWはとにかくボールが上がりやすモデルだと思います。FWで「球が上がらん!!」という方はぜひ1度お試しを!!

<テーラーメイド「Qi10 MAX」FW>

■KAZ'sインプレッション(10点満点)

▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10

■ヘッド:ボディ=ステンレススチール(450SS)+インフィニティカーボンクラウン。フェース=ステンレススチール(450SS)

■ロフトバリエーション:#3=16度、#5=19度、#7=22度

■シャフト(重量/トルク/調子):「Diamana BLUE TM50」(S=58g/4.3、SR=56g/4.6、R=54g/4.9/中調子)。

■価格:1本6万500円 ※価格は税込み