永井花奈プロ(23)が、アイドル界最強の呼び声も高いSKE48山内鈴蘭(26)の挑戦を受けた! 埼玉・飯能グリーンカントリークラブのインコースで、ハンディ戦での9ホールのマッチプレー。対戦内容はもちろん、技術やメンタル面のヒントを紹介します。

2ホール目を回る山内鈴蘭(左)と永井プロ
2ホール目を回る山内鈴蘭(左)と永井プロ

10番はパーセーブの永井プロが取って1UP。山内はアプローチで打ち直しを使用し1メートルにつけるも、パーパットを外してボギーだった。

◆11番543ヤード・パー5も、この日はフロントティー位置で実際には498ヤード

永井 このホールはフェアウエーが左に傾斜して、左が崖になっているので、ティーショットは右を狙っていきたいホールですね。ティーショットが重要になりそうです。

永井プロのティーショットは言葉通りにフェアウエー右をキープ。

山内 右側を広く狙うにはティーイングエリアの左端から右を狙った方がいいってことだよね!

ティーショットで引っかけがっくり
ティーショットで引っかけがっくり

だが、山内のティーショットは引っかけ。ロストボールも懸念されたため暫定球を打つも、再び引っかけで左ラフ。幸い1球目はカート道にとどまっていた。

山内 これってどう処置すればいいんですか。

本来であれば、ニアレストポイントを設定し、そこから1クラブレングス以内にドロップが正解。カート道左側のレールにボールがあったため、この場合ニアレストポイントは左サイドになるが…。

永井 打ちやすいところからいきましょうよ。

永井プロは笑顔でフェアウエーにドロップしようとするが、山内は「逆に行きすぎじゃない! 怒られちゃうよ」(笑い)。

山内の2打目はラフから残り301ヤード。5番ウッドはナイスショットだが右ラフ。永井プロは残り270ヤード。つま先上がりからの3番ウッドは会心のショット。

ラフからナイスショットでガッツポーズ
ラフからナイスショットでガッツポーズ

山内 つま先上がりってアウトからクラブが入ったら終わりですよね。

永井 そうですね。なので、傾斜に沿って打ちました。あとは短く持つことですね。

鈴蘭3打目は…
鈴蘭3打目は…
3打目乗らず打ち直し宣言
3打目乗らず打ち直し宣言

山内の3打目は135ヤードラフ。8番アイアンショットでパーオン狙いも失敗。ここで打ち直しを宣言し、7番に番手を上げ、パーオン成功! ピン奥7メートルに乗せた。永井プロは60ヤードフェアウエーから58度ショットをピン左2メートルにつけた。

山内のバーディーパットは下りでグリーン全体の傾斜は左から右。

山内 出だしだけスライスで中間からフックしそうに見える。

永井 前のホールでそれほど速くなかった。ここもそれほど速くなさそうだし、どっちも大きく切れないと思います。

バーディーパットは届かず
バーディーパットは届かず

左カップ内側に狙いを決めた山内。バーディーパットは惜しくもボール2つ分ほどショートも、タップインでパーセーブ。一方、スライス読みのバーディーパットを確実に沈めた永井プロはバーディーゲット! 永井プロ2UPとなった。

山内 まだ7ホールありますから、わからないですよ!

アイドル最強女子ゴルファー(?)の反撃はあるのか?

エア・グータッチをする2人
エア・グータッチをする2人
飯能グリーンCC 11番ホール
飯能グリーンCC 11番ホール

◆永井花奈(ながい・かな)1997年(平9)6月16日、東京都生まれ。アマチュア時代は12年「ロレックスジュニアゴルフチャンピオンシップ」12~14歳女子の部で優勝。13、14年「関東女子ゴルフ選手権」を連覇。14年にはナショナルチーム入り。16年7月、プロテスト合格。17年に樋口久子・三菱電機レディースでツアー初優勝を果たすと、賞金ランク20位に入りシード権を獲得。19年も36位で3年連続のシード権確保。所属はデンソー、契約クラブはヤマハ、ボールはタイトリスト、ウエアはMARK&LONA、シューズはecco。趣味は映画観賞。155センチ。

◆山内鈴蘭(やまうち・すずらん)1994年(平6)12月8日、千葉県生まれ。09年AKB48の9期生としてデビュー。14年SKE48チームSに移籍。父の影響でゴルフを始め、中学生時代にはプロとアイドルを目指し、オーディション合格でアイドルを選択。現在テレビ東京系ゴルフ番組「日曜ゴルフっしょ!」(日曜、午前11時)にレギュラー出演中。152センチ。血液型O。

◆取材・構成 川田和博

◆撮影 狩俣裕三

◆協力 飯能グリーンCC(埼玉)