スーパースターの完全復活にファンの「タイガーコール」が鳴りやまない。男子ゴルフのタイガー・ウッズ(43)=米国=が14日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで行われたマスターズ・トーナメントで11年ぶりのメジャー制覇を達成。低迷を乗り越え「カムバックを果たしてマスターズで優勝できるのは最高のこと」と感慨に浸った。

おなじみの赤い勝負服に身を包み、接戦を1打差で制すると拳を握りしめて雄たけびを上げた。グリーン奥で長男のチャーリーアクセル君(10)、長女のサムアレクシスさん(11)らと抱き合い「子供たちに勝つ姿を見せることができた。家族は諦めずに戦った僕をきっと誇りに思ってくれる」と父親の顔を見せた。

かつて私生活のトラブルで絶頂から転落した。2009年秋に不倫スキャンダルが発覚。離婚に至り、多くのスポンサーを失った。その後は腰を痛めて何度も手術。17年には鎮痛剤などの影響下で車を運転したとして拘束され、ふらつく逮捕時の映像が公開された。

再起は不可能と思われたどん底から、ゴルフ界屈指の舞台の頂点へ駆け戻った千両役者。ツイッターなどでは祝福の声が上がった。メジャー最多18勝のジャック・ニクラウス氏は「ウッズとゴルフ界にとって素晴らしいこと」とコメント。バスケットボール界を代表する存在のステフィン・カリーは「スポーツ界で最高の復活劇!」とたたえた。