10番から出た山口すず夏は後半に3バーディーと伸ばして好位置につけた。

前半は2バーディー、2ボギーと足踏み。「ボギーを打ったところはドライバーを2回連続で左に曲げたが、後半はしっかり修正できた。それがいいスコアにつながったかなと思う」と自己分析した。

18歳の新人プロは、米ツアーでこれが今季7戦目。思うような結果は残せていないが、ショットは安定してきたという。「残り100ヤードくらいからバーディーチャンスをもっとたくさんつくって、もっとバーディーを取りたい」とさらなる成長を目指す。