28位から出た小平智は77と崩れ、通算3オーバーに終わった。

小平は好調の流れをつなげられなかった。前日はよく決まったパットで苦戦。序盤の12番は3パットでボギーが先行し、14、15番と連続でカップに蹴られてバーディーチャンスを逃した。「1つでも入ってくれたら楽になったのに」と肩を落とした。

予選落ちには「悔しい」。だが「ショットは悪くないし、パットも思ったところに打てている。まだ始まったばかり。前向きに捉えてやっていきたい」と気持ちを切り替えた。(共同)