9番からの5連続を含む8バーディーを奪った松山英樹は「4日間で一番納得のいくゴルフができた」と胸をなで下ろした。ショットが「前日に比べたらめちゃくちゃ良かった」という。パー5の9番でグリーン脇から3打目を寄せると10、11番はショットを2メートル前後につけた。勢いに乗って12、13、15、16番と一気に伸ばした。

前日は2時間の居残り練習でショットを修正。夜は「良かったときの動画をみた」と明かした。最大の武器に手応えをつかみ「これを続けていきたい」と明るい表情も取り戻した。次は17日から韓国で行われるCJカップに出場する。(共同)