米男子ゴルフツアーは20日、世界ランキング1位のブルックス・ケプカ(米国)が膝の故障のため、米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦、プレジデンツ・カップ(12月・メルボルン)を欠場すると発表した。

ケプカは10月に韓国で行われたCJカップで膝を痛めていた。プレジデンツ杯米国代表の主将を務めるタイガー・ウッズは、代役にリッキー・ファウラーを選んだ。(共同)