ジャパンゴルフツアー表彰式が9日、都内のホテルで行われ、11月の三井住友VISA太平洋マスターズで松山英樹以来4人目のツアー競技アマチュア優勝を果たした金谷拓実(21=東北福祉大)が出席した。

金谷は前日8日最終日のオーストラリアオープンで3位となり、来年7月のメジャー・全英オープン出場権を獲得し、この日朝に帰国する強行軍。「アマチュアで表彰されるのは珍しいですよね。出番を待ってる間はすごく緊張して、でも、出番は意外と短くて」と笑みを浮かべた。

今年の全英オープンは1打差で予選落ちした。「来年は予選通過だけでなく、上位を目指すつもりで臨みたい」。プロ転向のタイミングは未定で「まだ考えていない」という。ただ「いろいろな人と相談して、ベストのタイミングで、と思っています。プロですぐ戦えるように準備していきたい」と“最強アマチュア”らしい抱負を語った。