米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦の2日目が行われ、松山英樹、安秉勲(韓国)組はタイガー・ウッズ、ジャスティン・トーマス組に1アップで敗れた。1つの球を交互に打つフォアサムで、米国ペアが最終ホールのバーディーで競り勝った。

この日は2勝2敗1分けで、通算ポイントでは世界選抜が6・5-3・5でリードしている。