第2ラウンドが行われ、87位で出た松山英樹は1イーグル、4バーディー、1ボギーで67と伸ばし通算4アンダー、140の17位に浮上した。71だったタイガー・ウッズ(米国)も17位で、首位とは6打差。

62をマークしたライアン・パーマー(米国)が通算10アンダーでトップ。75の小平智は4オーバーで予選落ちした。

◆松山英樹の話 もう少しアイアンショットを調整できたらもっと伸ばせる。3日目にいいプレーができれば(優勝の)チャンスがあると思う。

◆小平智の話 ゴルフは悪くなかったが、バーディーが取れず苦しかった。バンカーやアプローチで成長を感じたが、距離が長く、スコアをつくるのが難しかった(共同)