第3ラウンドが行われ、55位で出た松山英樹は8バーディー、2ボギーの65と伸ばし通算7アンダー、206で28位に浮上した。首位とは9打差。

62をマークしたトニー・フィナウが通算16アンダー、197でトップに立ち、ウェブ・シンプソン(ともに米国)が1打差の2位につけた。

松山英樹の話 パットがしっくりきて入ってくれた。いいラウンドだった。ショットに関しては何もつかんでいないが、悪くてもスコアが出れば気分も乗って行ける。最終日もいいラウンドで終わって、いい課題が見つかればいい。(共同)