米デビュー戦で8位だった河本結(21=リコー)の2戦目は、クリークコースで1イーグル、4バーディー、6ボギーの73でイーブンパーの80位発進となった。

1番パー4でバーディー、2番パー5でイーグルと絶好のスタートを切ったが、6番から4ホール連続ボギー。1オーバーで折り返し、後半は1つスコアを伸ばしたが、バーディーとボギーを繰り返し、波に乗りきれなかった。7人が出場した日本勢では、山口すず夏(19)が2アンダーの41位でトップだった。フィリピンとの両国籍を持つ笹生優花が2オーバー。横峯さくら、野村敏京は3オーバー、上原彩子は4オーバー、杉原彩花は5オーバーだった。

8アンダーで並んだ、マデレーネ・サグストロム(スウェーデン)とカン・ヘジ(韓国)がトップに立った。