男子ゴルフの元世界ランキング1位タイガー・ウッズ(米国)とキャディーが、2018年に米フロリダ州で行われたバルスパー選手権のラウンド中にけがを負わせたとして、同州の男性から訴えられた。8日に複数の米メディアが報じた。

男性が自撮りをしようとした際にキャディーが押したという。CBSスポーツ(電子版)によると、男性側は3万ドル(約330万円)以上の損害賠償を求めている。(共同)