男子ゴルフで世界ランキング6位のアダム・スコット(オーストラリア)が、米PGAツアーの新型コロナウイルスへの安全対策が十分ではないとして、6月から再開するツアー大会を当面、欠場する考えを表明した。22日にロイター通信が伝えた。

中断中のツアーは6月11~14日に変更したチャールズシュワブ・チャレンジ(テキサス州)で再開。スコットは、最初の6大会には出場せず、7月下旬から参戦する意向を示した。地元メディアに「無症状の人がトーナメントで活動するかもしれない。私が感染すれば、2週間の自主隔離となる」などと懸念を述べた。(共同)