女子ゴルフで昨季賞金女王の鈴木愛(26=セールスフォース)が8月20日開幕のメジャー、AIG全英女子オープン(スコットランド)の出場を見送ったことが24日、関係者の話で分かった。帰国後に2週間の自主隔離が求められ、調整への影響を懸念したという。昨年大会優勝の渋野日向子は英国で前週の米ツアー大会から2週続けて出場する見通し。

鈴木は国外への遠征について6月に「海外の方が感染者が多い。隔離とかリスキーな部分を考えると行く確率は20%ぐらい。なかなか厳しい」と語っていた。世界ランキングは15位で、日本勢では畑岡奈紗、渋野に続く3番手。6月の日本ツアー初戦は2位に入った。

今年の女子メジャーはANAインスピレーションが9月、全米女子プロ選手権が10月、全米女子オープン選手権が12月に延期されている。