8月20日に開幕する女子ゴルフの今季メジャー初戦、AIG全英女子オープンに22日時点でエントリーした111選手が発表され、昨年覇者の渋野日向子らが名を連ねた一方、韓国のトップ選手に未登録が目立った。出場枠は144で今後33人が加わるが新型コロナウイルスの影響を感じさせる状況となっている。

世界ランキング15位以内で登録した韓国勢は朴仁妃だけ。1位の高真栄、3位の朴城■ら6人の名がない。米ツアー再開戦で31日に始まるドライブオン選手権や続くマラソン・クラシック(ともにオハイオ州)にも上位選手の登録はなし。母国で調整中とみられる。

日本勢は渋野のほかに世界ランキング5位の畑岡奈紗、河本結、上田桃子、勝みなみ、稲見萌寧がエントリー。昨季賞金女王の鈴木愛は帰国後にある2週間の自主隔離の影響を懸念して出場を見送った。小祝さくらも8月末に故郷の北海道で予定されるツアー大会を「私にとって地元でもあり、とても大切」と優先し、日本にとどまる。

※■は火ヘンに玄