男子ゴルフのメジャー初戦、全米プロ選手権は6日(日本時間同日深夜)からサンフランシスコのTPCハーディングパークで行われる。

8年連続出場、10代の学生だった11年から、今回が30度目のメジャー出場となる松山英樹は4日、気温20度に満たない会場で調整し、オンラインでの記者会見で「気温が低いから飛距離の計算が大事。いい準備をしたい」と話した。5年ぶりのメジャー出場となる石川遼は18ホールを回り「すごく新鮮な気持ち。めちゃくちゃ楽しみ」。メジャー16勝目を狙うタイガー・ウッズ(米国)は「もちろん勝つチャンスはある」と自信をのぞかせた。