最終ラウンドが行われ、54位で出た松山英樹は1バーディー、5ボギーの76と精彩を欠き、通算8オーバーの296で62位だった。

71で回ったパトリック・カントレーが通算13アンダーの275で並んだコリン・モリカワとの米国勢同士のプレーオフを制し今季2勝目、通算4勝目を挙げた。優勝賞金167万4000ドル(約1億8400万円)を獲得した。

松山英樹の話 残念な1日だけど(復調の)きっかけは少しずつ見えてきている。見つかった課題をしっかり直して、全米オープンに行けるようにしたい。