日本ゴルフ協会(JGA)は13日、オンラインで会見し、日本女子オープン(9月30日開幕、栃木・烏山城CC)に、米女子ツアーを主戦場とする畑岡奈紗と笹生優花が出場しないと発表した。特に畑岡は今年と同じ会場の烏山城CCで行われた16年大会で、アマチュア時代に初優勝。会見に臨んだ山中博史専務理事は「畑岡選手は3度も日本女子オープンに優勝しているので、出場していただきたく、最後まで調整していただきましたが『大変申し訳ない』ということで、今回は出場しません。笹生選手も同様です」と話した。米国との出入国で、新型コロナウイルス感染症対策による、隔離期間中の調整の難しさなどが理由という。

また日本オープン(10月14日開幕、滋賀・琵琶湖CC)に、マスターズ王者松山英樹からの出場、欠場の意思表示の有無について、同専務理事は「現在のところまだ連絡、意思表示等はきておりません」と回答した。松山は同選手権過去10年の優勝者として、出場資格を有している。