女子ゴルフの国内ツアーを統括する日本女子プロゴルフ協会が、各大会の放送権を来年から一括管理することが25日、関係者の話で分かった。放送権をインターネット配信業者などに独自に販売できる体制が整う。大会開催を希望するスポンサー企業やテレビ局など全ての主催者が放送権の協会帰属を認めた。同協会は18年12月に放送権の一括管理を目指すと公表。関係団体との協議は、この日が回答の締め切りだった。

ツアーはテレビ局の協賛で発展した経緯があり、反発の声もあったが、近年の女子ゴルフの高い人気を背景に押し切った。当面は従来のテレビ放送と共存する見通し。現行のツアーは大半の大会がスポンサー企業やテレビ局が主催者で、同協会は「公認料」を受け取る形となっている。ツアーの充実や財政の安定化を課題とする同協会は、25年シーズンからほぼ全ての大会の主催を目指している。