男子ゴルフの欧州ツアー今季最終戦、DPワールドツアー選手権は21日、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのジュメイラ・エステート・アースコース(パー72)で最終ラウンドが行われ、66で回った24歳のコリン・モリカワ(米国)が通算17アンダー、271で優勝した。

賞金264万975ユーロ(約3億4400万円)を獲得。7月の全英オープン選手権など欧州ツアーで今年3勝となり、シーズン王者に輝いた。73だった川村昌弘は通算イーブンパーで48位だった。