第2ラウンドが行われ、首位から出た木下康平と69で回った金子駆大が通算8アンダー、134でトップに並んだ。1打差の3位に松本将汰がつけた。(共同)