第2ラウンドが行われ、J・J・スポーン(米国)が67をマークし、通算11アンダーの129で単独首位に立った。

1打差の2位にヨーゼフ・シュトラカ(オーストリア)、トロイ・メリット(米国)がつける。(共同)