第2ラウンドが行われ、ラッセル・ヘンリー(米国)が2日連続の63で回り、通算16アンダー、126で首位に立った。

3打差の2位にサム・ライダーとウィル・ゴードン(ともに米国)が続いた。(共同)