米女子ゴルフツアーの来季出場資格を争う最終予選会は2コースを使って第3ラウンドが行われ、パー72のコースを回った勝みなみは66をマークし、通算7アンダー、208で14位につけた。

同じコースを回った西村優菜は68、識西諭里は67とし、通算5アンダー、210の25位で並んだ。最終予選会は11日までの8ラウンドで争われ、45位までが出場資格を得る。

勝みなみの話 後半からショットが(ピンに)ついて、パターも自分の思った通りに打てた。すごく波に乗れた感じがあった。つかんだ部分を自分のものにするために積み重ねが大事。

西村優菜の話 終始安定してラウンドができた。いい感覚でゴルフができたので、ちょっと安心した。(課題の)ショットは徐々に合ってきている感覚がある。

識西諭里の話 最後までリズム良くプレーすることができた。まだ合計8日間の半分にもいっていないので、いつも通りのプレーができればいい。(共同)