国内男子ゴルフツアーの今季最終戦、日本シリーズJTカップ(東京よみうりCC)開幕前日の29日、初出場の杉浦悠太(22=日大)が「最終戦はなかなか出られる試合じゃない。出る以上、やっぱり優勝目指して頑張りたい」と誓った。

アマチュアとして出場した2週前のダンロップ・フェニックスで優勝し、即プロ転向。前週のカシオ・ワールドオープンは予選落ちしたが「調子は変わらず良い」と気合十分だ。

在学する日大は、違法薬物問題に揺れるアメリカンフットボール部の廃部が決まった。そのことについて話題が及ぶと、「そうなんですか。問題が起きていることは知っていたけれど、廃部になることは知らなかったので…」と驚きの表情を浮かべていた。