第3ラウンドが終了し、中島啓太(23=フリー)と蝉川泰果(22=フリー)が通算13アンダーの197とし、首位で並んだ。

2打差首位から出た中島はこの日3バーディー、1ボギーの68で回った。蝉川は2イーグル、3バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの66だった。2打差リードして迎えた最終18番で痛恨のダブルボギーをたたいて並ばれた。

今季初優勝を狙う石川遼は1イーグル、7バーディー、1ボギーと8つ伸ばし、首位から2打差3位に浮上した。

2つ伸ばした金谷拓実も3位。3連覇が懸かる谷原秀人は首位から5打差6位。