国内男子ゴルフツアーの表彰式が4日、都内で行われ、蝉川泰果(22=フリー)が、メルセデス・ベンツトータルポイントランキングを受賞した。

3日まで行われた今季最終戦の日本シリーズJTカップでは、賞金王の中島啓太らを下して、今季2勝、通算4勝目を挙げた。「JTの優勝も考えていたけれど、現実的にはメルセデスポイントを死守したいと思っていた」と初受賞を熱望していた。大会中も「バカ打ちしないように、せこく考えていた。本当にうれしい」と笑わせた。

同賞は総合的に優れた選手を評価するもので、パーキープ率、パーオン率など9部門のポイントを合算して、ランキング化する。蝉川は、表彰を受けたイーグル率「4・087ラウンド」の1位を筆頭に、バーディー率で2位、平均ストローク3位と各部門で上位に名を連ねた。

来季の目標は「海外で1勝」。主戦場は日本ツアーの方針だが、欧米の大会にも参戦する予定だ。国内ツアーの参戦数は減少することが見込まれるが、「賞金王を取りたいという目標は変わらない」。今季は同学年の中島が年間王者に輝いたが、次は蝉川の番だ。