男子ゴルフの16年ツアー賞金王、池田勇太(37=フリー)が6日、山口県の下関ゴールデンGCで行われている最終予選会第2ラウンドを右手痛のためスタート前に棄権した。

来季ツアーの出場優先順位を争う4日間の競技で、第1日は88人中10位につけていた。砂川公佑が通算17アンダーの127でトップを維持した。8日が最終日。