今季開幕戦は第2ラウンドが終了し、2位から出てベストスコア66で6つ伸ばした西郷真央が首位に立った。6バーディー、ボギーなしで回り、通算11アンダー、133。スタート前から振り続けた雨で大勢の選手が伸び悩む中、2位に4打差をつけた。

西郷と同じく2位から出た菊地絵理香が、2つ伸ばして7アンダーとして2位につけた。首位から出た岩井千怜は、1つ落として6アンダーとして3位に後退。2つ伸ばして5アンダーとした仁井優花が4位、さらに4アンダーの鬼頭さくらと天本ハルカの2人が5位で続く展開となった。

昨季まで2年連続年間女王の山下美夢有は、1つ伸ばして2アンダーの11位で決勝ラウンドにコマを進めた。6年ぶりにツアー復帰した、13年賞金女王の森田理香子は3つ伸ばして1アンダーの18位で予選を通過した。原英莉花、小祝さくら、岩井明愛は、2オーバーの41位、カットラインギリギリで予選を通過した。