IAAF(国際陸連)ワールドチャレンジ第3戦「セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎」が5月8日、等々力陸上競技場で開催される。世界からトップアスリートが集結。男子100メートルは昨夏の世界選手権北京大会で銀メダルを獲得したジャスティン・ガトリン(34=米国)、自己ベスト10秒00の張培萌(29=中国)が参戦する。今大会はリオデジャネイロ五輪(8月)の日本代表選考会も兼ねており、国内選手たちにも注目が集まる。

>>日本人選手編はこちら

アテネ金、昨年世陸銀

 ガトリンが、セイコーゴールデングランプリに帰ってくる。国立競技場で最後の開催となった14年にも同種目に出場。向かい風3・5メートルで10秒02。悪条件をものともせず、パワフルな走りで優勝した。同じく出場した桐生に0秒44の大差をつけて、04年アテネ五輪金メダリストの実力を見せつけた。そんな男が再び日本のファンの前で、世界トップの走りを披露する。

 34歳にして、走りに磨きがかかっている。昨年には自己ベスト9秒74をマーク。絶好調で臨んだ同8月の世界選手権決勝では世界記録保持者ウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)に対して、ラスト5メートルまで先行。会場中に「ボルト神話崩壊」のムードを漂わせた。最後に体のバランスを崩して逆転されたが、わずか100分の1秒差(9秒80)で銀メダル。「ここ(微差の2位)にいることを誇りに思う」と胸を張った。「打倒ボルト」の1番手に名前が挙がるスプリンターだ。

 今大会は、リオ五輪の日本代表選考会も兼ねている。同100メートルには桐生、サニブラウン、山県らも出場する。リオを目指す国内選手たちの前で、ガトリンが五輪メダリストのスプリントをさく裂させる。

自己ベスト10秒00の張培萌

男子100メートル自己ベスト10秒00の張培萌
男子100メートル自己ベスト10秒00の張培萌

 近年著しい活躍を見せる中国にあって、張は長く短距離のエースとして引っ張ってきた。13年世界選手権ロシア大会の準決勝で、日本記録(伊東浩司)に並ぶ10秒00をマーク。決勝にこそ進めなかったが、9秒台が中国陸上界にとって夢ではなく、目標に変わった瞬間だった。そして昨年5月、張の影響を受ける3歳下の蘇炳添が米国で9秒99を記録し、目標は現実となった。蘇の偉業は、張の功績あっての結果だった。

 186センチの長身で、大きなストライドが魅力のスプリンター。地元中国で開催された昨年の世界選手権では、400メートルリレー決勝のアンカーを走った。2着だった米国の失格もあり、38秒01の中国が2位に繰り上がり、歓喜に浸った。蘇の台頭で「中国のエース」という看板は奪われた格好だが、まだ29歳、老け込む年ではない。8月のリオに向け、張の巻き返しが川崎から始まる。

「跳躍中国」の張

張国偉【写真提供:フォート・キシモト】
張国偉【写真提供:フォート・キシモト】

 男子走り高跳びには「躍進中国」を支える張国偉(25=中国)が参戦する。昨年5月に自己ベスト2メートル38をマーク。同8月の世界選手権では2メートル33で銀メダルを獲得して、短距離の蘇とともに中国で大きな話題となった。同種目に出場する戸辺、衛藤ら国内選手もレベルが高いだけに、張との対決に注目が集まる。

21歳王者バーバー

ショウナシー・バーバー【写真提供:フォート・キシモト】
ショウナシー・バーバー【写真提供:フォート・キシモト】

 男子棒高跳びではカナダの超新星が等々力の空を舞う。まだ大学に通う21歳のバーバーは、昨年一気に世界の主役に躍り出た。初戦でカナダ記録となる5メートル91をクリアしてインパクトを残すと、勢いそのままに世界選手権でも金メダルを獲得。さらに今年1月の室内大会では6メートルを跳び、23歳以下の選手では初の成功者となった。金髪イケメンの甘いマスクも魅力の若い王者の跳躍は見逃せない。

バルトレッタ連覇へ

ティアナ・バルトレッタ
ティアナ・バルトレッタ

 女子走り幅跳びでは昨年大会で100メートルとの2冠を達成したバルトレッタ(米国)が連覇に挑む。ロンドン五輪400メートルリレー金メダリストが、世界を驚かせたのは昨年の世界選手権。跳び終えた本人が不思議そうに見返す7メートル14の大ジャンプで優勝したが、それが05年大会以来10年ぶりの頂点だった。19歳から29歳の大人になり、再び戴冠を得る偉業を達成したベテランが、「大好き」という日本でも輝きをみせる。

【大会概要】

◆大会名称
IAAF(国際陸連)ワールドチャレンジ第3戦「セイコーゴールデングランプリ陸上2016川崎」
◆日時
5月8日
◆会場
川崎市・等々力陸上競技場
◆実施種目
◆ワールドチャレンジ種目
▽男子=100メートル、200メートル、400メートル、800メートル、3000メートル、110メートル障害、400メートル障害、走り高跳び、棒高跳び、円盤投げ、やり投げ
▽女子=100メートル、800メートル、400メートル障害、3000メートル障害物、走り高跳び、走り幅跳び、3段跳び、やり投げ
◆オープン種目
▽男子=走り幅跳び
▽女子=200メートル、400メートルリレー、1600メートルリレー
▽パラリンピック男子=100メートルT44
▽パラリンピック女子=走り幅跳びT44
※種目が変更になる場合もあります
◆関係団体
〈主催〉日本陸上競技連盟
〈共催〉川崎市、朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社
〈主管〉神奈川陸上競技協会
〈後援〉川崎市教育委員会、川崎市スポーツ協会、TBS、かわさきFM
〈特別協賛〉セイコーホールディングス
〈協賛〉アシックスジャパン、大塚製薬、日本航空、ニシ・スポーツ、セレスポ
◆大会HP
http://goldengrandprix-japan.com/