村上市スケートパークをドローンで上空から撮影。左がパーク、右がストリート
村上市スケートパークをドローンで上空から撮影。左がパーク、右がストリート
村上市スケートパークの外観
村上市スケートパークの外観

新潟県村上市が建設した「村上市スケートパーク」が完成した。国内最大級の屋内スケートボード施設で、4月19日に竣工(しゅんこう)式を行い、5月10日から12日まで開催される「第3回日本スケートボード選手権大会」がこけら落とし。2020年東京五輪で正式種目となったスケートボードの「聖地」として、地域の活性化への大きな効果も期待されている。

ボルダリングも

村上市スケートパーク(中央の大きな黒い屋根)は日本海にほど近い瀬波温泉街に位置する(19年3月撮影)
村上市スケートパーク(中央の大きな黒い屋根)は日本海にほど近い瀬波温泉街に位置する(19年3月撮影)

村上市スケートパークに入ると、まず広さに驚く。1542・24平方メートルのアリーナーにスケートボードの大会が開催できる設備がそろっている。まず、おわん型や深皿型などの滑走面を組み合わせた複雑なコースは、五輪の実施種目でもある「パーク」に対応している。横は約50メートル、縦は約15メートル、深さは最大で約3メートルと、国際大会が実施できる規模に仕上がった。

さらに五輪で実施されるもう1つの種目「ストリート」のコースもある。こちらは街中を滑るようなコースで技を競うもので、階段の手すりをイメージできる設備などがそろった。さらに、同じく五輪競技になったスポーツクライミングのボルダリングができる施設も置かれた。そのほかアスリート育成の観点から、ベルトを使って身体能力を高める「スラックライン」やランニングコースもある。

パークをドローンで低空から撮影
パークをドローンで低空から撮影

同パークは、「日本海スケートパーク」を完全リニューアルという形で造られた。日本海スケートパークといえば、スノーボードのハーフパイプ(HP)で冬季五輪2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢(20=木下グループ)が、幼少期からトレーニングをしていた場所として知られる。平野はスケートボードで東京五輪出場を目指しており、こけら落としとなる日本選手権にも出場する予定。3月の日本オープン・パーク選手権では3位に入っており、生まれ故郷での大会に期待がかかる。

村上市は「平野選手に続けと、これから育っていく選手を大いに支援していきたい。そのためには、しっかりした施設が必要、と考えました。村上市スケートパークが国内最大規模の屋内スケートボード施設として、国内外のスケートボード選手が集う場所になっていってほしい」と期待を寄せている。スケートボードの聖地としてだけでなく、「今までの公共施設の使い方にこだわらず、いろいろなジャンル、分野で使ってほしい。あまり制約をしないで柔軟に使っていただければ」とも話し、幅広い利用に応じていく構えだ。

難度、独創性など競う

◆東京五輪のスケートボード
「ストリート」「パーク」の2種目を実施。ストリートは階段や手すりなど街中を模したコース、パークはコンビプールと呼ばれるボウルをふせたようなコースで争う。両種目ともトリック(技)の難度、独創性などを競う採点競技。今年10月以降に行われる世界選手権各3位以内と、統括団体のワールドスケートによる五輪ランキングで男女各20人の出場選手が決まる。日本選手権は五輪ランキングのかかる大会の日本代表選考会を兼ねる。

◆施設概要
【住所】新潟県村上市瀬波温泉3の2の22
【電話】0254・53・8802
【開館時間】午前9時~午後9時。年末年始は休館。その他イベントや大会、設備点検、清掃などのため貸し切りまたは特別休館の場合あり
【パーク内施設】スケートボードアリーナ(パーク、ストリート)/ボルダリング(レベル別4コース、高さ約4メートル)/スラックライン(スラックラック8台、高さ30センチ、50センチの2種類)/トレーニング機器/多目的室/更衣室など
【利用料金】スケートボードアリーナ 大人500円、子ども(18歳未満)200円。ボルダリング、トレーニングコーナー(スラックライン) 各施設とも大人200円、子ども100円。ランニングコース 大人100円、子ども50円。※複数施設を利用する場合はそれぞれの使用料の合計額
その他施設詳細は村上市公式HP(http://www.city.murakami.lg.jp/)を参照

透明度は日本屈指

◆村上市の魅力
「笹川流れ」と呼ばれる約11キロ続く海岸は、日本屈指の透明度を誇る。日本海の荒波の浸食でできた奇岩、岩礁、洞窟など変化に富んだ風景は、国指定の名勝および天然記念物となっている。また、日本海を展望できる瀬波温泉も有名。食べ物では、平安時代に王朝貴族に献上された記録も残る鮭。さらに日本酒では宮尾酒造「〆張鶴」、大洋酒造「大洋盛」が高い人気を誇っている。毎年7月6、7日に開催される村上大祭も多くの観光客を集める。西奈彌(せなみ)羽黒神社の遷宮を祝い、おしゃぎりと呼ばれる屋台が市内を練り歩く光景は壮観で、「村上祭の屋台行事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。