世界ランク5位で第1シードの錦織圭(27=日清食品)が精彩を欠き、1回戦でサウスポーの同76位のトマス・ベルッシ(ブラジル)に4-6、3-6でまさかのストレート負けを喫した。


シングルス1回戦でベルッシに敗れた錦織(ゲッティ=共同)
シングルス1回戦でベルッシに敗れた錦織(ゲッティ=共同)

 サービスゲームを連続してラブゲームでキープするなど快調な立ち上がりだったが、互いにキープが続いた後の第9ゲームでミスから相手に初のブレークポイントを握られ、これをものにされて第1セットを奪われた。キープされた第10ゲームでは珍しくラケットをたたきつける悔しがりようだった。第2セットに入ると、連続ミスから第1ゲームをいきなりブレークされ、地元選手を応援するスタンドからの歓声もあって試合はベルッシペースとなった。第4ゲームでリターンの位置を後ろに下げた効果で40-0から巻き返してブレークバック。第5ゲームもキープして試合の流れを引き戻したかに見えたが、第7ゲームをミスからブレークされ、ベルッシの勢いを止めることができず、第9ゲームもジュースと粘ったがブレークされ1時間18分で敗退した。


 同34位で第6シードのダビド・フェレール(29=スペイン)も、錦織を破ってアルゼンチン・オープンで優勝した同50位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(28=ウクライナ)に4-6、4-6で敗れた。


シングルス1回戦でトマス・ベルッシに敗れた錦織圭(ゲッティ=共同)
シングルス1回戦でトマス・ベルッシに敗れた錦織圭(ゲッティ=共同)

今季日程と結果一覧



錦 織04-6
3-6
2ベルッシ


▼試合終了


第2セット


   101112
錦 織          3
ベルッ       6

○はキープ、●はブレーク、Tはタイブレーク

 

▼第9ゲーム 錦織のバックのミスで15-15。ベルッシがバックのウイナーで15-30。錦織のフォアは大きくアウトし、ベルッシにダブルのマッチポイント。錦織が強烈なフォアを決めて30-40。相手の逆を突くフォアの逆クロスのウイナーでジュース。錦織のフォアの逆クロスがアウトし、再びベルッシにマッチポイント。長いラリーからベルッシのボレーがアウトし、再びジュース。ベルッシのフォアのストレートがウイナーとなり、4度目のマッチポイント。錦織がネットに出てのボレーがジャストアウトし、ベルッシがブレークして第2セットも連取して勝利した

▼第8ゲーム ベルッシがラリーを優位に展開し、フォアのウイナーで15-0。センターへのエースで30-0。錦織のミスで40-0。錦織のリターンエースで40-15。長いラリーから錦織のバックがネットにかかりベルッシがキープ。スタンドからは大歓声

▼第7ゲーム 15-15から連続して錦織のバックがネットにかかり15-40と、ダブルのブレークピンチ。錦織のフォアのクロスがアウトし、ベルッシがブレーク

▼第6ゲーム 15-0からベルッシの連続ミスで15-30。錦織のバックのダウンザラインがアウトし30-30。錦織のリターンがネットにかかり40-30。ダブルフォールトでジュース。センターへのエースでベルッシがアドバンテージ。フォアのウイナーでベルッシがキープ。しかしベルッシのファーストの確率はこのセットここまで43%と落ちている。錦織は71%

▼第5ゲーム 錦織のセンターへのエースで15-0。見事なドロップショットで30-15。30-30からベルッシのフォアがアウトし40-30。ベルッシのフォアがアウトし、錦織がキープ。ベルッシに大きく傾いていた試合の流れを引き戻した

▼第4ゲーム 錦織がネットに出たところをベルッシがパッシングを決めて30-0。さらにベルッシのバックのダウンザラインがウイナーとなり40-0。40-15からベルッシのフォアがネットにかかり40-30。続いてベルッシのミスでジュース。錦織の深いショットをベルッシが返せず初のブレークチャンス。最後はベルッシのフォアがネットにかかり、錦織が40-0から巻き返してブレークバック。このゲームからリターンの位置を後ろに下げた効果が出た

▼第3ゲーム 錦織がドロップショットを決めて15-0も、バックがネットにかかり15-15。ラリーで優位に立って押し込んで30-15。ベルッシのフォアがネットにかかり40-15。最後はセンターへのエースで錦織がキープ

▼第2ゲーム 40-0から錦織がバックのクロスで40-15。最後は錦織のフォアがネットにかかりベルッシがキープ

▼第1ゲーム 錦織のサーブで第2セット開始。ベルッシの連続ミスで30-0も、錦織も連続ミスで30-30。サーブアンドボレーも決まらず、ブレークピンチ。錦織のバックがネットにかかり、ベルッシがブレーク



第1セット


   101112
錦 織         4
ベルッ       6

○はキープ、●はブレーク、Tはタイブレーク

 

▼第10ゲーム ベルッシがドロップショットを決めて15-0。ダブルフォールトで15-15。ファーストを錦織が返せず30-15。錦織のフォアがアウトし40-15とダブルのセットポイント。ベルッシがネットインのボールをたたいてウイナーを決めベルッシがキープして第1セットを先取。錦織は思い切りラケットをコートにたたきつけて悔しがる。これにスタンドからブーイング

▼第9ゲーム 錦織のフォアがアウトし0-15。続いてバックもアウトし0-30。錦織が30-30と巻き返すが、長いラリーから錦織のフォアのクロスがネットにかかりブレークピンチ。錦織のミスでベルッシがブレーク。錦織はファーストの確率が54%と苦しい展開

▼第8ゲーム ベルッシがサーブで圧倒し40-0。40-15から錦織のバックのクロスで40-30。ベルッシのフォアがネットにかかりジュース。ベルッシが力強いストロークで巻き返してキープ

▼第7ゲーム 錦織のバックのストレートがネットインし40-0。最後はフォアのクロスのウイナーで錦織がラブゲームでキープ

▼第6ゲーム ベルッシのサーブがさえ、ラブゲームでキープ

▼第5ゲーム 錦織がベルッシのフォアに圧倒され15-15。さらに錦織のフォアが大きくアウトし15-30。30-30から力強いバックで40-30。錦織が巻き返してキープ

▼第4ゲーム 錦織がラリーに競り負け30-15。センターへのエースで40-15。最後はファーストを決めてベルッシがキープ

▼第3ゲーム 錦織がフォアの逆クロスのウイナーで15-0。サーブアンドボレーで40-0。最後はバックのダウンザラインをベルッシが返せず錦織がラブゲームでキープ。ここまでは危なげない試合運び

▼第2ゲーム ベルッシのさファーストがさえ30-15。錦織がバックのアングルショットで40-30とするが、ファーストを決め甘くなったリターンをスマッシュで決めてベルッシがキープ

▼第1ゲーム 錦織のサーブで試合開始。相手のベルッシはサウスポーで、これまでの4勝全てがクレー。長いラリーを錦織が優位に進め、まずは相手ミスを誘ってファーストポイント。その後も角度をつけたストロークで揺さぶり、錦織がラブゲームでキープ