バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)アジア2次予選へ向け、ジャカルタ・アジア大会で4選手が買春行為の不祥事を起こした日本代表が3日、東京都内で合宿を公開した。練習前の会見では東野技術委員長があらためて謝罪し、ラマス監督も「責任を感じている。受け止めて前に進む」と語った。

W杯アジア2次予選のカザフスタン戦(13日、カザフスタン)とイラン戦(17日、大田区総合体育館)の代表候補も発表され、NBAグリズリーズと「ツーウエー契約」を結んだ渡辺や八村(米ゴンザガ大)が入った。監督は所属先から参戦の確約を得たと明かし「世界で戦える選手。期待しかない」と笑みを浮かべた。