NFLが4日、国歌斉唱の際に人種差別へ抗議の意思を示し、膝をついた元フォーティナイナーズ(49ers)のQBキャパニックをスポーツ用品大手のナイキが広告に起用したことを受け、声明を出した。

AP通信によると、NFLで広報を担当するムーア副社長は「選手らが地域社会の向上のために役割や責任を果たすことに、NFLは進んで応じる」との見解を示した。

ナイキの方針には有名歌手や選手らがツイッターで賛否を表明し、大きな議論を呼んでいる。国歌斉唱で起立しない選手の解雇や出場停止を主張していたトランプ米大統領は米メディアに対し「ナイキの主張と目的はひどいものだ」と語った。