世界ランキング19位の大坂なおみ(20=日清食品)が男女を通じて日本初となる4大大会シングルス優勝の快挙を成し遂げた。同26位の元世界女王セリーナ・ウィリアムズ(36=米国)を6-2、6-4で破り、全米オープンを初制覇した。

◆伊達公子氏の話 セリーナとパワーで向き合えることが大坂選手の強み。そこに耐えることと見極める力がついたから、あそこまで追い込めた。今後は研究もされるし、想像以上のプレッシャーがかかる。ただ彼女はそれを乗り越えるだけの力を持っている。

◆サーシャ・バイン・コーチの話 なおみを本当に誇りに思う。動き続けることが大事で、フィジカル面でも相手より良かった。(S・ウィリアムズの抗議などにも)集中力を保って戦ってくれたことがうれしい。