日本重量挙げ協会は11日、過去に三宅義行会長が選手に対してパワハラをしていたとの訴えがあったことを明らかにし、12日にもコンプライアンス委員会を開いて調査の実施など今後の対応を検討する方針を示した。