2020年東京オリンピック(五輪)パラリンピック組織委員会は12日、古代五輪発祥の地、ギリシャ西部オリンピアで行う東京五輪の聖火採火式の日程が20年3月12日に決まったと発表した。ギリシャ国内で8日間の聖火リレーを実施後、19日にアテネのパナシナイコ競技場で日本側に引き継がれ、航空機で20日に宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着する。

東日本大震災からの「復興五輪」の大会理念に沿って、聖火は20日から宮城、岩手、福島の順に「復興の火」として各県2日ずつ展示する。各県、複数の都市で展示される可能性もある。日本での聖火リレーは26日に福島県からスタート。121日間で47都道府県を巡る。

ヘラ神殿跡で実施する採火式は、古代の衣装に身を包んだみこ役の女優が太陽光を集め、火を採取する伝統的な儀式。組織委の森喜朗会長は、震災から9年となる3月11日に行う希望も持っていた。森会長は記者会見で、日程は国際オリンピック委員会(IOC)とギリシャ・オリンピック委員会が最終的に決めたことを説明し、「その日(3月11日)に近いところで、やれるようにしていただけたことには大変感謝している」と述べた。