F組の日本はカザフスタンに85-70と快勝し、勝ち点10とした。日本は米プロNBAグリズリーズと「ツーウエー契約」を結んだ渡辺雄太や八村塁(米ゴンザガ大)ら12人のメンバーで臨んだ。

2次予選は1次予選の成績が持ち越され、12チームが2組に分かれて戦い、開催国の中国を除く7チームがW杯出場権を獲得する。