卓球のシングルスは男子の張本智和(エリートアカデミー)、女子の平野美宇(日本生命)がともに決勝で中国選手に1-4で敗れ、銀メダルだった。

2020年東京五輪でも実施されるスポーツクライミングの男子複合では土肥圭太(神奈川・平塚中教校)が金メダル、田中修太(新潟・直江津中教校)が銀メダルをそれぞれ獲得した。

競泳の男子200メートル平泳ぎは花車優(東洋大)が2分11秒63で金メダルに輝いた。

◆土肥圭太の話 (前日まで)男子の金メダルがなかったので、君が代を流すのが目標だった。決められて良かった。出られない同世代の分まで頑張ろうと思った。

◆田中修太の話 メダルを目標にはしていたが、信じられない。リードは1位しかあり得ないと思った。今までの努力が実った。

◆平野美宇の話 金メダルを目指していたので、すごく悔しい。途中リードしていたが、あと1歩、2歩というところで負けた試合。

◆張本智和の話 内容的にも実力的にも相手が上だった。レシーブでチキータに思い切りいけなかった。最低限(混合団体で)金メダルを1つ持って帰りたい。