体操の男子個人総合で15歳の北園丈琉(大阪・清風高)が合計82・298点で金メダルを獲得した。

初採用のダンススポーツのブレークダンス混合団体では河合来夢(神奈川・百合丘高)がベトナム選手と組んで金メダルを獲得し、個人との2冠を達成した。

競泳男子800メートル自由形は吉田啓祐(東京・日大豊山高)が7分53秒85で銀メダル。自転車BMXのフリースタイル・パーク混合では大霜優馬と丹野夏波(神奈川・白鵬女高)の日本が銅メダルに輝いた。

バドミントンの男子シングルス準決勝で奈良岡功大(青森・浪岡高)はインド選手に敗れ、3位決定戦に回った。