バスケットボール男子のBリーグは4日、来年1月19日に富山市総合体育館で行われるオールスター戦の全陣容を発表し、会員制交流サイト(SNS)投票による両チーム最後の1枠は岸本隆一(琉球ゴールデンキングス)と水戸健史(富山グラウジーズ)に決まった。

「B・BLACK」は富山出身の馬場雄大(アルバルク東京)が主将に決まり、A東京のパビチェビッチ監督が指揮を執る。「B・WHITE」は金丸晃輔(シーホース三河)が主将を務め、千葉ジェッツの大野篤史監督が率いる。先発出場する両チームの10選手は東京都内で記者会見し、馬場は「田臥(勇太)さん(栃木ブレックス)からのパスでアリウープだったり、ダンクにこだわりたい。一分一秒を楽しめたら」と語った。