フィンランド・フィギュアスケート協会は5日までに、11月のグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フィンランド大会で優勝した男子の羽生結弦(ANA)にファンから贈られた「くまのプーさん」のぬいぐるみを慈善活動として恵まれない境遇にある子どもたちにクリスマスプレゼントとして届けると発表した。ツイッターに「ありがとう、ユヅルとファン」と感謝の言葉を記した。

羽生はプーさん好きで知られ、演技後にたくさんのぬいぐるみが客席から投げ込まれる光景がおなじみとなっている。冬季五輪2連覇を果たした平昌五輪(ピョンチャン・オリンピック)ではぬいぐるみを地元の子どもらに贈ったことが話題となった。

羽生はフィンランド大会でファイナルを含むGP9勝目をマーク。第5戦のロシア杯で10勝目を挙げたが、右足首故障でファイナルを欠場した。