バスケットボールのスペイン2部リーグ、TAUカステリョに所属する木下勲(24)が、21歳女性に性的関係を強要したとして逮捕されていたことが分かった。11日にスペイン・メディアが報じた。

スペイン紙アスによると、木下は女性からの告発を受け、地元警察に逮捕された。保釈金を支払い、裁判官を前に毎月1日と15日に裁判所に出廷することを誓い、既に保釈されたという。所属チームは今回の件について、文書で処分を発表するという。

木下は兵庫県西宮市生まれの24歳。関西学院高で全国高校総体、ウインターカップに出場。関西学院大時代の13年にNBL和歌山と契約し、日本のトップリーグ初の現役大学生選手となった。

14年に米独立リーグABAバーミンガム・ブリッツに入団。15年にスペイン5部ELベンドレイ、16年に4部CBサンセリュウム、17年にBリーグ東京サンレーヴス加入も2カ月で退団し、スペイン5部CBベニカルロに加入。

身長175センチのポイントガード。日本代表経験こそないが着実にステップアップし、ことし7月にTAUカステリョと契約。関係者によると、3年の長期契約だった。