ショートプログラム(SP)で5位だった14歳のアンナ・シェルバコワが高難度の4回転ルッツなどを決めてフリー1位で逆転し、合計229・78点で初優勝した。

昨季の世界ジュニア選手権女王の14歳、アレクサンドラ・トルソワもフリーで4回転ルッツを成功し、合計229・71点で2位。ジュニア・グランプリ(GP)を初制覇した15歳のアリョーナ・コストルナヤが3位に入り、ジュニア勢が表彰台を占めた。

SP1位だった平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワは2度転倒してフリー12位に沈み、合計212・03点で5位。SP14位と出遅れた五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワはフリー4位と巻き返し、7位となった。