ノルディックスキーのW杯複合は11日、イタリアのバルディフィエメで個人第9戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は5位に終わり、3戦連続の表彰台を逃した。

前半飛躍(ヒルサイズ=HS135メートル)で127・5メートルを飛び、130・9点で4位。後半距離(10キロ)を50秒差でスタートしたが、終盤の競り合いで脱落した。12年にW杯初優勝を飾った思い出の地で今季初勝利を逃し「距離は単純に疲れた。ジャンプが良くなっているのは1ついいこと」と話していた。ヨハネス・ルゼック(ドイツ)が今季初勝利、通算17勝目を挙げた。